最強の懇親会

この記事は2分で読めます

こんにちは。甲斐です。

昨日はNBGCの懇親会に参加してきました。

先日のメールでも書きましたが、
全く人に合うことを避けていた自分としては
ここ二年くらいで急激に会うようにしてたりしますが

実はドンペリ塾のプロモーションをしていた時はマーケッターの方のご好意により、
様々なVIPパーティーに参加させて下さいました。

もちろん、与沢さん、蝶野さん、パンダさん、沼倉さん、太田さん、柴野さん、、、、

と大御所揃いのパーティーでございましたが、結果、

人が多い所はあんま好きじゃない。

と言う結論に。

別に大御所方々が苦手というのではなく
そう言った場所が苦手だというだけです。

なので僕は今後そう言ったパーティー系には顔は出さないでしょう。

で、何故NBGCの懇親会に参加したのかと言うと

「居心地がいい。」

ただそれだけなのですが
その要因は意識が高い人が多いことと
稼ぎまくっている人が多いからです。

結局自分の周りにいる方々は自分と同レベルだったりする訳で
見回してみるとだいたい自分のレベルが分かります。

よく言われる人付き合いの例で

「自分よりもレベルの高い人と接しろ。」

って話しがあると思うんですが
僕は全くその通りだと思っていて

人って居場所に対しての安心感を求める生き物じゃないですか?

で、多くの人が甲乙を自分の中で決めながら接してたりすると思うんですよね。

すると萎縮するか威圧するかの感情が生まれちゃったりする。

非常にもったいないので結構僕は常にフラットな状態でいつつ
面白い人と絡むようにしているのですが

じゃあどうやって面白いと思われるかとか
自分よりもレベルの高い方と仲良くなれるかって事なんですけど

変わったことをする。

ってことなんじゃないかなーと思います。

NBGCに君島くんと言う子がいるんですが物販で完全外注化の仕組みを作って
何もせずに月に100万円くらい稼いでいる子がいるんですよ。

それで、セミナーで超高評価を貰ってたり
教材も出してるのかな?

とにかく物販の外注化に関してのブランディングが
出来上がってる面白い子なんです。

でもその子はNBGCでは物販の話しを一切しないんですよね。
僕もCROOZの話はしていないです。

その自分の強みを出して仲良くなるのと
違う要素で人とコミュニケーションを取るのとでは
仲良くなり度合いって結構違って来ると思っていて

ビジネスライク<友達付き合い

の方が人間関係って深いじゃないですか?

なので面白い奴だって思われたもん勝ちだったりするので
僕の場合はあんまりかたっ苦しい話しのパーセンテージは低かったりします。

VIP系のパーティーとかに行ったり交流会とかに行ったりして
名刺を300枚配るのと、どこかですげーー面白い子と
朝まで飲んで仲間になっちゃった方が絶対自分の為になると思うんですよね。

まぁ、そこそこ面白い結果を出すっていうのも重要ではありますが
変なコミュニティに入るよりかはNBGCで誰かと仲良くなっちゃった方が
数百倍楽しくて成長できるってことだなって思いましたね。

と言うことで2日連続朝まで交流していたので
今週は完全に引きこもって色々仕掛けていこうかと思います。

そろそろ次のツイアカやっちゃおうかな…

それでは頑張っていきましょう!

甲斐




※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログ ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015-04-11_113806
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メールマガジン

ブログランキング

プロフィール


はじめまして。
甲斐秀樹と申します。

現在月収100万円以上を安定的に稼ぎ出しながら自由に生きています。

◆プロフィール◆


甲斐秀樹&羽田和広の
インフォトップルーキー賞コンビが送る
コラボレーション型メールマガジン新規受付中!

登録フォーム
新人賞

三冠王

ビックT